FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
木曜の日本株は値がもちませんでした。
今日の日本の株式市場は、前場プラスだったところに切り替えして
結局、日経平均で100円を超える下げで引けました。

売り方優位の相場展開が、続いています。
肩透かしを食った方々も多かったのではないでしょうか。

まさに大きな資金を持った連中の仕掛け的な売りです。
弱気心理、恐怖心を、買い方は、見せ付けられているようです。

強い相場なのに何故ここまで売られるのか?
疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

これは、株式市場は、売りから入る人(信用売り、現物売り)と
買いから入る人(信用買い、現物買い)のせめぎあいで
構成されているからです。

当たり前に思われるかもしれませんが、まだ上がると思って買いで向かったら、もう売り時だと売ってくる人が、その分いるのです。
特に信用取引をしている人々は、取引が大きく、を持っていない状態で自己資金の何倍もの取引をしてきます。

つまり、大きく相場を左右してくるのは、信用取引をやっている人たちだということです。
もちろん、彼らは、を持っていなくてもを借りて売りから入って
買い戻してその差額を利益にするわけですから、買い方にとっては、たちが悪いのです。

株価が全体に持ち上がってくればくるほど、売り方は、下がることを喜んで大きく売ってくるわけです。

今、まさにその状態でいいようにやられている状態といえます。
今後も売り方の存在に注意を払う必要がありそうです。

株式投資は、売りから入って儲ける人たちがいることを覚えておくといいと思います。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2007/01/12(Fri) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gogocha.blog27.fc2.com/tb.php/168-da06998b
前のページ ホームに戻る  次のページ

メルマガ登録・解除 ID: 0000198856
株と情報起業
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。